日本睡眠総合検診協会
全国睡眠医療機関
睡眠時無呼吸症候群
不眠症
概日リズム障害
過眠症
むずむず足症候群
睡眠時随伴症
夜間不整脈



フリーダイヤル0120-318-0903
メールを送る
不眠症
睡眠障害の代表といえる病気です。夜の寝つきが悪く、眠ろうとするとかえって目が冴えたり(入眠障害)、途中で目が覚めてしまう(中途覚醒)、朝早く目が覚める(早朝覚醒)、睡眠時間は十分にもかかわらず、熟睡感が得られない(熟眠障害)といった症状が長く続きます。

原因

1.身体的な原因
身体的合併症が原因となり、睡眠が妨げられることがあります。息苦しさ、痛み、痒み、頻尿などの症状で夜中に何回も目が覚める疾患による不眠や、睡眠時無呼吸症候群による不眠(この場合は中途覚醒をほとんど自覚していません)などがあります。
2.生理学的な原因
睡眠環境の変化、例えば旅行・転居・入院や、環境によるものとして光・騒音・悪臭・振動・室温が原因となり、睡眠が妨げられることがあります。そのほか、時差ぼけ・交代制勤務・不規則な生活リズムなど、生活リズムの変化も不眠の原因となります。
3.心理的な原因
過大なストレス、例えば近親者との死別、仕事や金銭上のトラブルなどが原因となることがあります。比較的、神経質な性格の人が陥りやすい傾向があります。
4.精神医学的な原因
うつ病・統合失調症・脅迫神経症などの精神疾患が原因となることがあります。
5.薬理学的な原因
飲酒(アルコール)・ステロイド剤・インターフェロンなどの薬剤が不眠の原因となることがあります。不眠解消のための飲酒は中途覚醒を多くさせ、睡眠が浅くなり、かえって不眠を助長させます。

自宅で受けられる検査について

アクチグラフィ

腕時計型の装置を用いて、装着している手の動きを測定し、睡眠・覚醒を判定する検査です。起床時間や就床時間、また、入床している時に眠っているかどうかを知ることができます。

取扱方法:非利き手首に装着したまま1週間の生活を記録します。
アクチグラフィ使用イラストアクチグラフィ

適切な治療法について

不眠の原因を取り除くことが第一の治療ですが、睡眠導入剤による薬物療法や認知行動療法を行うこともあります。症状に応じて医療機関で適正な治療を選択します。
睡眠環境改善で快適睡眠
眠気は体温が下がるときに現われます。21時以降は部屋の中を間接照明とし、就寝2時間前にぬるめの38~40℃の温水で入浴することによって、スムーズな入眠が得られます。また、手足を温めるマッサージ、リラクゼーション音楽、ストレッチも効果的です。また、アロマオイルや入浴剤で気分転換を図るのも良いでしょう。
食事は体温を上げる温かいものや、キムチやカレーなど辛いものがお薦めです。サプリメントには、体温を下げるグリシン(商品名 グリナ)や体温を上げるカプサイシン(商品名 カプシエイト)があります。
認知行動療法(睡眠導入剤を使わない治療法)
日本ではまだ浸透していない治療法ですが、外国では推奨されています。ストレスに上手に対応できるよう、ものの受け取り方や考え方を変えていくという治療です。具体的には、刺激制御法、睡眠制限法、筋弛緩療法、自律訓練法などがあります。
睡眠導入剤
睡眠時の不安や緊張を取り除くことで寝つきを良くする薬剤です。睡眠薬とも呼ばれます。どんな病気でも検査をして適切な薬剤が処方されますが、睡眠導入剤に関しては、患者さんの訴えだけで安易に処方される傾向があります。その弊害により、睡眠外来を訪れる方が少なくありません。睡眠導入剤は専門医による診断のもとで服用しましょう。