日本睡眠総合検診協会
全国睡眠医療機関
眠りとは(睡眠の役割)
睡眠には種類があります
睡眠のメカニズム
ホーム > 睡眠について > 睡眠には種類があります
睡眠には種類があります

レム睡眠とノンレム睡眠

 睡眠は、脳の重要な営みのひとつです。睡眠中の脳の活動は、脳波を測定することによって調べることができ、その結果、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があることが分かりました。
 レム睡眠とは、いわゆる浅い眠りのことです。レムとは急速眼球運動(Rapid Eye Movement:REM)のことで、目がキョロキョロと動く急速眼球運動がみられる睡眠です。レム睡眠中は、体は休んでいますが、脳は覚醒の状態に近く、夢はこの時間に見ていると考えられています。
一方、ノンレム睡眠とは、レム睡眠ではない睡眠という意味で、脳も体も休んでいる状態です。体(筋肉)の活動がみられる時もありますが、基本的には体も休んでいます。
ノンレム睡眠は細かく1段階から4段階に分かれており、4段階へ進むほど眠りが深くなります。
眠りにつくと、まずノンレム睡眠があらわれ、次第にレム睡眠へと移行します。レム睡眠はおよそ90分後に現れる周期があり、このノンレム睡眠からレム睡眠までの周期を睡眠周期と呼びます。

睡眠経過図

 私たちは一晩の間に睡眠周期を4~5回繰り返しています。寝はじめの周期が深いノンレム睡眠の時間が最も長く、熟睡感が得られる眠りです。朝方に近づくにつれ浅い眠りのレム睡眠の時間が長くなり、覚醒しやすくなります。

Dr.ひつじ寝る